DJぽぷりの日常

なんともいえない香りがします

桜も散り上期は走り出していた

怒涛の下期を終え、気づいたら新しい年度が始まっている。正直なところひいひい言いながらも下期は手抜きをしていた。実力が足りてなかったとの見方もあるが自分的にはまったくそうは思わず、ただチャレンジも前向きに考えることもせず漫然と過ごしてきた。まあそれがまかり通る環境であったし、部下には多大なる迷惑をかけたといえばかけてしまっていた。チームは若干のメンバーチェンジがあり弱体化した面とあきらかに改善されるであろう面のどちらもあるがタクトは振りやすくはなった。こういう組織はやはりトップ次第であろうな。失った信用を取り戻すには細かい成功体験を積むしかなく、どれくらいの期間ノーミスが継続するかというところか。組織も自分も。ハードルは下がってるし、またいつもの根拠はないけどできるんじゃないかメンタルのトランス状態。K統括の意図はまったく計り知れないけどまあ自分が潰れたところで痛くも痒くもないし、成果残せば流石ですって少しハネるだけ。高い目線から見ればささいなこと。サラリーマンだし。とにかくちゃんとやれ。